毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
ゆっくりとマイペースに更新していきますm(_ _)m

  • 07 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  >> 09

 いくつになったの

 プロフィール

takiechan(たーちゃん)

  • Author:takiechan(たーちゃん)
  • 当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

    ※管理人は、韓国語が分かりません。 誤報の流布を避ける意味でも、こちらのブログに書かれている情報の無断転記は、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

    ※申し訳ありませんが、外国語の書き込みには対応できません。

    ※ブログ内での掲載情報・画像などの著作権等は、該当著作権者に帰属します。

 最近の記事

 ブログ内検索

 最近のコメント

 カテゴリー

 リンク

 QRコード
QRコード


スポンサーサイト
--/--/-- (--)
Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

  

ヘギョ、昔は、ぺ・ヨンジュン、ソン・スンホン、パク・ヨンハと同じ事務所だった!!
2005/05/22 (Sun)
Category : ヘギョの以前の所属事務所「Yeon Youngエンターテインメント」

22日 スポーツ韓国の報道

俳優キム・ヒョンジュがパク・ヨンハの所属社であるYeon Youngエンターテインメントと専属契約を締結した。

Yeon Youngエンターテインメントは22日、「キム・ヒョンジュと、3億ウォンの専属契約金で、3年専属契約を結んだ」と明らかにした。Yeon Youngエンターテインメントは、今度専属契約を基点で、キム・ヒョンジュの今後の出演ドラマなどを通じて、国内外活動に拍車をかけるという計画も伝えた。

キム・ヒョンジュは、ドラマ「ガラスの靴」、「波乱万丈ミス・キム10億作り」、「土地」などを通じて、ドラマ興行保証小切手で位置づけた、スター級演技者だ。Yeon Youngエンターテインメントは、今までぺ・ヨンジュン、ソン・スンホン、ソン・ヘギョ、パク・ヨンハなど韓流スターたちのマネジメントを通じて、積んで来たノウハウをいかして、キム・ヒョンジュの海外活動も積極的に推進する予定だ。
スポンサーサイト
  

0    0

ソン・ヘギョはどこへ??(YTN STAR版)
2005/04/05 (Tue)
Category : ヘギョの以前の所属事務所「Yeon Youngエンターテインメント」

5日 YTN STARの報道

先週、プロ野球が開幕して、ファンたちを、ときめくようにしますが、芸能界は、時ならぬ、ストーブリーグを、迎えています。

ストーブリーグというのは、暖炉周辺に集まって、身の代を掛け合って、選手交換するのを、論議するからといって、アメリカプロ野球で、初めてできた表現ですが、最近、キム・テヒ、ソン・ヘギョ、キム・ハヌルなど、女トップスターたちが、似ている時期に、所属社と別れて、芸能界は、熾烈な、ストーブリーグが、開かれています。


(以下、ソン・ヘギョの部分のみ)


ソン・ヘギョは、所属社と別れた後、広告撮影などを除き、一体の活動をしないで、休息を取っています。この間、礼堂(チェ・ジウが、最近契約をした事務所)と契約すると知られたが、事実無根として、確認されました。
  

0    0

ソン・ヘギョ☆☆はどこへ??(WOWET版)
2005/04/04 (Mon)
Category : ヘギョの以前の所属事務所「Yeon Youngエンターテインメント」

4日 wowetの報道

トップスターのソン・ヘギョの、最後の終着駅は、果してどこになろうか?

このごろ、芸能界は、去年12月に、前所属事務所のとの契約が満了した、ソン・ヘギョ取るのに、血眼がなっている。ソン・ヘギョに、深い関心を見せる理由は、断然、彼女の商品的価値のためだ。

2000年K-2TV「秋の童話」で、スターダムに上がった、ソン・ヘギョは、2003年S-TV「オールイン」、2004年K-2TV「フルハウス」を通じて、名実共に、トップスターにジャンプした。

すでに、「秋の童話」、「オールイン」、「フルハウス」などが、韓流熱風と、かみ合って、東南アジア各国に放送されながら、ソン・ヘギョは、韓国を越して、アジアを代表する、女トップスターに、浮び上がったし、幾多の有名CFにも出演した。

最近、A社関係者は「ヘギョさんくらいの商品性を取り揃えた、演技者を、企画社たちが、そっとしておくか。うちの会社でも、多様な経路を通じて、ヘギョさんと、接触の試図の中にある。一応、私は、所属社と契約が完了した状態だが、もし、他社との裏面契約など、若しものことに対応し、違約金も充分に準備しておいた」と、ソン・ヘギョ迎入に対する、強い意志を、話した。

このように、ソン・ヘギョを連れて来るための、競争が、過熱されて見ると、確認されないうわさたちまで、事実であることのように、芸能界に流れているほどだ。実際に、この間には、ソン・ヘギョが、国内有名外注製作社と契約する事に決めたという、うわさまで流れ出た。

これについて、該当の外注製作社代表は、「全然根拠ないうわさだ。契約と関連し、ヘギョさんと、接触した事もなくて、特別に関心もないのに、どうして、そんなうわさが出たのか、分からない。これから、ヘギョさんを、連れて来る計画はない」と、蹴飛ばした。

これ以外に、もう一つの大型マネジメントB社が、ソン・ヘギョ迎入のために、多角度で接触の中という話まで、伝わったが、該当の業社関係者も、これを、否認した。

現在芸能界では、ソン・ヘギョを迎入するために、最小15億ウォンを準備しなければならないという、うわさが支配的だから、競争が、もっと、過熱される場合、身の代が、20億ウォンを超えることも、できるという、見こみが、下ろされている。また、場合によっては、新生マネージメント社との、びっくり契約の可能性も、排除することができない状況だ。
  

0    0

ソン・へギョ☆☆の身の代金はいくら??
2005/03/25 (Fri)
Category : ヘギョの以前の所属事務所「Yeon Youngエンターテインメント」

25日 wowetの報道

最近、以前の所属事務所であったYeon Youngエンターテインメントと、再契約をしないと発表した、ソン・ヘギョの新しい巣での、身の代金は、果たして、いくらだろう?

2004年12月、Yeon Youngエンターテインメントと契約が満了してから、いくつかの企画社から、スカウト提案を受けたことと、知られた、ソン・ヘギョは、国内だけではない、日本、中国、台湾など、アジアでも、多くの愛を受ける最上級スター。

「秋の童話」を通じて、スターダムに上がった、ソン・ヘギョは、「オールイン」「フルハウス」など、人気ドラマの主人公で、日本でも、CF出演提案を受けている、すぐれたスター性を見せてくれている。

ドラマ出演、各種CF及び行事、海外活動で、十億台の収入を、新たにつくり出す、ソン・ヘギョを、迎入するためには、どんな条件を提示しなければならないか、国内芸能関係者たちの意見が、二つに分かれている。

両側、皆最高の待遇をしてくれなければならないというのに、異論はないが、金額で相当な差を見せている。

先に、この間、チェ・ジウが、新しい所属事務所と、10億台に逹する契約をしたことに、照らして、その以上を与えると、契約が可能だろう主張だ。このような主張は、ソン・ヘギョを迎入しようとする、いくつかの大型企画社では、10億以上の手付け金を、提示していると伝えた。

一方、契約期間3年に、5億ならば可能だという主張も、申し立てられている。こういう場合、芸能人と企画社の普遍的な受益配分がない、ソン・ヘギョ個人的に発生した受益は、皆ソン・ヘギョの分け前になる契約方法。ソン・ヘギョは、自分が働いただけ、受益をあげることができるし、企画社は、ソン・ヘギョを迎入しながら発生する、反射利益を狙うことで、既存企画社よりは、新生企画社で、ソン・ヘギョをキャスティングするための、戦略で立てている。

中小企業売上げに、五分五分である、年間収入をあげて、中華圏を含んだ、アジアスターとして、多くの愛を受けている、ソン・ヘギョが、どんな条件にOKサインをするか、芸能界復帰が、注目されている。
  

0    0

巣立ったソン・ヘギョ☆☆を獲得しなさい!!
2005/03/23 (Wed)
Category : ヘギョの以前の所属事務所「Yeon Youngエンターテインメント」

23日 ヘラルド経済の報道

巣立った、トップスターのソン・ヘギョによって、マネージメント市場が搖れている。

22日、ソン・ヘギョが、5年間所属社だったYeon Youngエンターテインメントと決別を、宣言する事によって、彼女を、迎え入れようとするための、熾烈な競争が始まった。ソン・ヘギョの専属契約は、去年末、もう満了した状態で、その間、再契約を論議してきたYeon Youngエンターテインメント側はこの日、「ソン・ヘギョと深く相談した結果、再契約をしないことに、最終合意した」と、公式発表した。

ソン・ヘギョは、Yeon Youngエンターテインメントと、手を取り合った5年の間、ドラマ「秋の童話」、「オールイン」、「フルハウス」など、続いてヒット作を作り出して、名実共に、トップスターとなった。同時に、これら出演作で、中華圏と日本でも、人気が上昇して、次世代寒流スターの1人となり、ソン・ヘギョの身は、今月初、サイダスHQから、所属社を移した、チェ・ジウの3年間手付け金で知られた、10億ウォン線とか、業界関係者たちの予想だ。

単純に、出演料とCF契約を通じて、受益を取り過ぎて、トップスター保有によって、上昇する会社のブランド価値を土台に、莫大な金額の投資受けて、映画やドラマ製作を含めた、各種事業に、直接、跳びこむのが、最近のマネージメント業界の傾向だ。こんな状況の中で、所属社との書類上契約が終わった、去年末から、水面下で始まった「ソン・ヘギョ迎え入れ戦争」は、公式決別宣言を、きっかけに、水面上に、浮び上がって、もっと熾烈に展開される見こみだ。
  

0    0


 |  BLOG TOP  |  NEXT»»




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。