毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
ゆっくりとマイペースに更新していきますm(_ _)m

  • 07 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  >> 09

 いくつになったの

 プロフィール

takiechan(たーちゃん)

  • Author:takiechan(たーちゃん)
  • 当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

    ※管理人は、韓国語が分かりません。 誤報の流布を避ける意味でも、こちらのブログに書かれている情報の無断転記は、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

    ※申し訳ありませんが、外国語の書き込みには対応できません。

    ※ブログ内での掲載情報・画像などの著作権等は、該当著作権者に帰属します。

 最近の記事

 ブログ内検索

 最近のコメント

 カテゴリー

 リンク

 QRコード
QRコード


スポンサーサイト
--/--/-- (--)
Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

  

ヘギョちゃん、4月10日に『彼らが生きる世界』の台湾プロモーションに!!
2010/04/03 (Sat)
Category : ヘギョの台湾訪問

2日 中天電視の報道

(記者名の記載なし)

o_word0402.jpg
スポンサーサイト
  

0    0

サイダスHQ、台湾の報道に、反論コメントを発表!!
2005/07/15 (Fri)
Category : ヘギョの台湾訪問




15日 mydailyの報道

最近、KBS2TV「フルハウス」の広報活動のため、台湾を訪問した、ソン・ヘギョ(23)に対する、台湾言論の批判記事に関して、所属社であるサイダスHQが、反論コメントを発表した。

15日、サイダスHQの関係者は、「今回の日程は、KBSドラマ「フルハウス」の広報プロモーションと、台湾コスメティックブランドの行事だった」と「台湾言論の報道を、残念に思う」と明らかにした。

彼は、「空港から、多くのファンと、取材陣に追われて、統制をしなければならない状況だったから、取材陣たちの円滑な取材が、不可能なことは、事実だった」と「これは、他の韓流スターたちの訪問の時も、似ている状況だったから、言論に報道されたように、ソン・ヘギョのスタッフたちが、荒しく??制裁をしたのではない」と言った。

ソン・ヘギョは、台湾GTVの主催する「フルハウス」の広報プロモーションを、無事に終えたし、台湾のコスメティックブランド行事で、前もって話されないことを、現場で、急に要求されて慌てた、と当時状況を説明した。

彼は、「ソン・ヘギョさんと、スタッフたちは、大部分の要求に、最大限応じたし、広報のための訪問であるだけに、短い日程の中でも、最善をつくしたと強調した」と、すべての要求事項を、すべて聞き入れることが、できなくて、問題が発生したし、広報代行社は、直ちに、台湾記者たちを集めて、一方的に、自分の不満事項を吐露した、と伝えた。

サイダスHQの、また他の関係者は、「瞬間的な状況を、まるで、全体状況であることのように、報道して、一部を大きく拡大して、それが、全部であることのように、報道されたことに対して、惜しい」と答えた。

サイダスHQは、「理由を問わず、今回のソン・ヘギョの台湾訪問と係わった言論の、このような報道に対して、もう一度、責任を感じて、非常によくなく思う」と言った後、「ビジネス的な規則やマナーに対して、暗黙したまま、すべてのものを、すべて聞き入れて、要求事項に無条件付くことだけが、最善ではないという立場」と、公式的な意見を提示した。

サイダスHQは、「最大限の努力と、思いやりで、まじめに臨んでいる」と「ソン・ヘギョのスタッフたちも、言論に報道されたように、無礼とか、水準以下の行動をしなかったし、こんな良しからぬ事が、発生しないように努力する」と言った。

一方、台湾言論は、「ソン・ヘギョの随行員が、ルームサービスと国際電話を、わがままに使って、ミニところのおやつ??を取り離しておいたまま、食べなかった」と言うなど、誹謗の記事を報道して、論難がおこった。

サイダスHQが書いた記事を知りたい方は、
サイダスHO
NOTICE→송혜교 대만 프로모션 관련へどうぞ!!

ちなみに自動翻訳しますと…

34 ソン・ヘギョ台湾プロモーション関連 2005.07.15 42




こんにちは. sidusHQです.
ソン・ヘギョさんの今度台湾プロモーションと係わって申し上げます.

今度ソン・ヘギョさん台湾プロモーションと係わった言論の報道に対して
当逆の時非常に残念に思います.
ソン・ヘギョさんの今度台湾訪問は KBS ドラマ ‘フルハウス’ 広報プロモーションと
台湾コスメチックブランド行事によるのでした.

空港から多くのファンと取材陣が追われて統制をしなければならない状況だったし
だから取材陣たちの円滑な取材が不可能なことは事実でした.
しかしこれはソン・ヘギョさんだけではなく他の寒流スターたちの訪問の時にも
似ている状況だから, 言論に報道されたように
ソン・ヘギョさんのスタップたちだけが荒しくひどい制裁をしたのではないです.

ソン・ヘギョさんは台湾 GTV 主催の ‘フルハウス’ 広報プロモーションを盛況裏に終えたし
今度台湾言論の報道はこの中コスメチックブランド行事に関するのでした.
台湾のコスメチックブランド広報代行社では前もって話されないものなどを
現場で急に要求して進行を願う立場(入場)でした.

ソン・ヘギョさんとスタップたちは大部分の要求に最大限応じたし
広報のための訪問であるだけに短い日程の中でも最善をつくして協調しました.
しかし台湾広報代行社の要求事項にすべて従うことはできない状況でした.
ここにスケジュール協議過程で少しの感情的な問題が発生されたし
広報代行社側は直ちに台湾言論の記者たちを集めて
ソン・ヘギョさんとスタップたちに対する自分たちの不満事項と立場(入場)を一方的に知らせたのです.

瞬間的な状況をまるで全体状況であることのように報道して
一部を大きく拡大してそれが全部であることのように報道されたのです.
しかし理由を問わず
今度ソン・ヘギョさんの台湾訪問と係わった言論のこのような報道に対して
もう一度責任を感じて非常によくなく思います.

海外では自国(自国)に対する愛国心と自負心を持つようになることが普通です.
甚だしくは今度台湾訪問は広報プロモーションだったしこのような状況でソン・ヘギョさんは
もう演技者個人ではない韓国を代表する文化せりふで
スタップも韓国のエンターテイメントを代表する人々になります.
ここに特にもっと多い神経科礼儀を取り揃えて進行するようになることが事実です.
しかし, ビジネス的な規則やマナーに対して暗黙したまま
すべてのものをすべて聞き入れて要求事項に無条件付くことだけが最善ではないという立場です.

現在, ソン・ヘギョさんのみならず多い sidusHQ 所属演技者たちが台湾を含めて
海外プロモーションを進行しています.
海外スケジュール進行において, 演技者は勿論でマネージャーを含めたスタップたちやっぱり
最大限の努力と思いやりでまじめに臨んでいます.
ソン・ヘギョさんのスタップたちも言論で報道されたように無礼とか
水準以下の行動をしなかったことをもう一度申し上げて
二度とこのような事が発行しないように努力します.
  

0    0

写真で見るヘギョのニュースNO.3
2005/07/08 (Fri)
Category : ヘギョの台湾訪問

(tom)
















































































写真で見るヘギョのニュース<7月6日編>NO.1
写真で見るヘギョのニュース<7月6日編>NO.2
  

   1

(台湾)ソン・ヘギョの随行員たち無礼、貪欲を批判!!
2005/07/08 (Fri)
Category : ヘギョの台湾訪問

8日 連合ニュースの報道

台湾を訪問中の韓流スターのソン・ヘギョが、爆発的な人気にもかかわらず、随行員たちの無礼と貪欲によって、ファンの眉をひそめるようにしていると、台湾言論媒体たちが、8日報道した。

台湾言論は、ソン・ヘギョの随行員10人が、ソン・ヘギョが、スイートルームに泊まるのに、満足しないで、ルームサービス、国際電話を、でたらめに使って、ミニところ??のおやつは取り離して、おいたまま食べないなど、貪欲な姿を見せたとしながら、このために、二日間これら連中の追加警備(経費)は、主催側が最初準備した20万代万ドル(韓貨 650万ウォン相当)を、ずっと超過した。

5日に、ソン・ヘギョが到着する時から、取材陣を「荒しく??」制止した随行員たちの行動のため、一部言論媒体たちは、ソン・ヘギョのミソティン姿??とマネージャーの荒しい表情を一緒に積んだりした。

ソン・ヘギョは、これに対して、「空港でマネージャーが、取材陣たちの写真撮影を阻んだことは、私がけがをするか心配で、そして、皆さんがけがをするか心配で、そんなこと」と言いながら、「(随行員たちに対する言論の批判は)多分文化的差もあって、疎通がうまくいかないようだ」と解き明かした。

ソン・ヘギョの訪問は、現在、台湾有線GTVで放映中のドラマ「フルハウス」の視聴率が、3%まで聳えて??、台湾ファンが心ときめきながら、待ちこがれた中に成り立って、滞在期間中、元首級に準する特別待偶まで受けたが、随行員たち問題で、その褪せた。

台湾言論は、引き続き、ソン・ヘギョの随行員たちだけでなく、他の韓流スターたちの随行員たちも、でたらめにルームサービスをさせることは、基本で、去る時、ホテルの灰皿、寝巻き、タオルまで、全部持って行くなど、水準未達だと報道した。

台湾言論は、特に、ソン・ヘギョ、アン・ジェウク、キム・ヒソンなど、本人たちは、中国語であいさつを伝えるとか、終始一貫ほほ笑みをして、親しさを表示するのに比べて、随行員たちの無礼な態度が、韓流スターのイメージを、毀損させていると批判した。

しかし、チャ・インピョに対しては、彼が、台湾を訪問する度に、特別に慈悲をかかって、ファンと一緒にする席を持つことは基本で、台湾のフィランスロピー??にも、先に立っていると誉めながら、「これよりもっと良いスターはいない」と格別の愛情を示した。

※ヘギョ以外の名前は、自動翻訳のまま。

  

0    0

写真で見るヘギョのニュース
2005/07/08 (Fri)
Category : ヘギョの台湾訪問

(tom)

ヘギョさんは、ピさんと付き合っていますかという質問に対し、
ヘギョは、笑って否定して、
「私とピさんの年齢はたいして違わない、彼は私より1歳小さい、とても容易な付き合いをしている、私たちは、互いに冗談を言う仲である。協力してドラマの撮影した後で、私はピさん、映画監督及び他の役者と、たまに一緒に食事をして、みんなとは、よい友達です。」と発言した。

また、去年、イ・ビョンホンと別れて、ヘギョさんは「フルハウス」を撮影した。悲しい気持ちのときに、ラブストーリを撮影した。ヘギョは、この撮影は、少しも難しくないと言い、「演技と私生活はきちんと分けています」と発言した。

※重要な部分のみ






















































  

11    1


 |  BLOG TOP  |  NEXT»»




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。