毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

毎日更新!?できたらいいなぁ。。。☆☆ソン・ヘギョのこと☆☆
ゆっくりとマイペースに更新していきますm(_ _)m

  • 09 <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  >> 11

 いくつになったの

 プロフィール

takiechan(たーちゃん)

  • Author:takiechan(たーちゃん)
  • 当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。

    ※管理人は、韓国語が分かりません。 誤報の流布を避ける意味でも、こちらのブログに書かれている情報の無断転記は、ご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

    ※申し訳ありませんが、外国語の書き込みには対応できません。

    ※ブログ内での掲載情報・画像などの著作権等は、該当著作権者に帰属します。

 最近の記事

 ブログ内検索

 最近のコメント

 カテゴリー

 リンク

 QRコード
QRコード


スポンサーサイト
--/--/-- (--)
Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

  

ベトナム政府が、韓流スター関連の誤報に対して謝罪した!!
2005/09/11 (Sun)
Category : ヘギョの麻薬購入誤報報道(ベトナム・台湾)

9日 連合ニュースの報道

ベトナム政府が、最近起きた韓流スター関連の誤報に対して、謝って、再発しないように、措置する予定だと、明らかにした。

韓国とベトナムは、9日、外交部会議室で、外交部文化外交局長とベトナムのDo Quy Doan文化公報部次官を、首席代表にして、「韓流診断協議会」を開いて、韓流関連問題点と改善策を協議した。

外交部は、「ベトナムで、国内大衆文化が愛されていて嬉しいが、最近、ホーチミン経済新聞などで、誤報が絶えていない」と「再発しないように、協調してくれ」と要請した。引き続き、ベトナム内の韓国文化院設置計画に対しても、言及した。

ベトナム文化公報部は、韓流スターと係わった、誤報に対して、謝りの意思を表明して、「これから、このような事が起こらないように、措置する」と言った。

最近、ベトナムの「ホーチミン法律新聞」と「ハノイモイ」、「文化新聞」などは、韓流スターで、ベトナムで人気独り占め中のタレントのソン・ヘギョと歌手のピ、タレントのソン・イルグクの麻薬購入説などの誤報で、物議をもたらした。

一方、我が政府とベトナム政府は、12日まで、ソウル韓国国際交流財団カルチャーセンターなどで、「2005 ベトナム文化週間」を共同開催している。
スポンサーサイト
  

2    0

「ソン・ヘギョ「麻薬購入誤報」訴訟取下げ意思」
2005/09/01 (Thu)
Category : ヘギョの麻薬購入誤報報道(ベトナム・台湾)

31日 連合ニュースの報道

「韓国芸能人麻薬購入」誤報の被害者であるタレントのソン・ヘギョ側が、ベトナム言論を相手に、推進して来た、訴訟取下げ意思を伝達して来たことと知られた。

ベトナム言論界の一人は、31日、「今度の波紋と係わって、ソン・ヘギョ側が、誤報当事者である「ホーチミン法律新聞」、「ハノイモイ」、「文化新聞」など、3社を相手に推進してきた出版物による名誉毀損訴訟を、取下げする意思を伝達したことで分かっている」と明らかにした。

このあいさつは、引き続き、「こんな意思を、誰からゾンダルバッアッヌン負けるまだ明らかにする段階ではない」と「ただ、ソン・ヘギョ側で誤報を出した該当の言論社の謝罪文改題などを斟酌したあげく、こんな結論に到逹したことで分かる」と言った。

また、他の現地言論社関係者も、「ソン・ヘギョさんと歌手のピ及びタレントのソン・イルグクさんなど、人気正常の韓国芸能人たちに対する、今度の関心が増幅されたし、特にドラマ「フルハウス」に出演中のソン・ヘギョさんの人気は、もっと高くなっている」と伝えた。

この関係者は、「ベトナム言論も、今度の誤報波紋をきっかけに、芸能人を含んだ、外国人を報道する過程で、実は確認の大切さを認識するようになった」と「被害当事者たちには、すみませんが、今度の波紋が、ベトナム言論の無責任な報道慣行を直すのに、大きく寄与したことで、評価する」と付け加えた。

先に進んで、「ホーチミン法律新聞」など、3つの新聞は、11日から15日間、ソン・ヘギョさんが、香港の一ナイトクラブで、麻薬を購入した疑いで、司法処理されたし、麻薬購入当時、歌手のピ及びソン・イルグクも一緒にあったという、でたらめ内容を報道して、物議をもたらした。

これと関連して、初めて誤報を出した「ホーチミン法律新聞」側は、「誤報の当事者であるフリーライターが、会社側から記事の出処がどこであるかの要求を受けて、台湾のインターネットサイト「New7.com.tw」と明らかにしたが、問題になった内容が、収録された文件を提示することが、できなかった」と、公式謝罪文を、ベトナム駐在韓国政府に発送した。
  

0    0

「ヘギョの麻薬購入報道」に対し、ベトナムの新聞社が公式的に謝罪した!!
2005/08/20 (Sat)
Category : ヘギョの麻薬購入誤報報道(ベトナム・台湾)

19日 連合ニュースの報道

「韓国芸能人麻薬購入」誤報を出した、ベトナムの新聞が公式謝った。

ベトナム駐在韓国大使館は、19日午後「今度、誤報で波紋を引き起こした」ホーチミン法律新聞側に、編集局長名義??になった謝罪文を送った」と「この謝罪文で、該当の新聞使用側は、10日付け報道内容が、全然事実と違うという点を認めた」と明らかにした。

また、「誤報の当事者であるフリーライターのAnh Nhaさんは、会社側から、記事の出処が、どこであるか、要求を受けて、台湾のインターネットサイトと明らかにしたが、問題になった内容の収録された文件は、提示することが、できなかった」と「これによって、会社側は、Anh Nhaさんの記事を、これから使わないことにしたことを、知らせてきた」と伝えた。

これと共に、「該当の言論使用側は、正確な内容を確認しないで、そのまま報道した点を認めて、被害者であるソン・ヘギョ氏側と、所属芸能企画社及び読者たちに、謝るという意思を確かにした」と付け加えた。

「ホーチミン法律新聞」の報道以後、「ハノイモイ(11日付け)」 及び「文化新聞(15日付け)」なども、このでたらめ記事を、そのまま報道して、物議をもたらした。

これに対して、ソン・ヘギョさんとソン・イルグクさん及び歌手のピなど、噂を引用された被害者たちは、訂正報道とかかわらず、該当の言論社たちを相手に、出版物による名誉毀損などの疑いに、提訴する方針を明らかにした。

一方、ベトナムの有力紙の中ひとつの「先鋒」は、19日付けで、今度の誤報騷動は、実は確認手続きなしに、根拠ないうわさにだけに寄り掛かって、記事化する傾向が濃い、ベトナム言論の報道態度を、直すことができる重要なきっかけになったと指摘した。

この新聞は引き続き、今度の誤報にもかかわらず、ドラマ「フルハウス」で人気絶頂であるソン・ヘギョさんの「株価」が、連日上終値を打っていると、付け加えた。
  

0    0

アンチ韓流-アジア言論否定的報道対応法-
2005/08/14 (Sun)
Category : ヘギョの麻薬購入誤報報道(ベトナム・台湾)

14日 MY DAILYの報道

「韓流熱風」が、アジア全域で拡がっている中で、韓流スターたちに対する、アジア言論たちの視線が、暖かくない。

「フルハウス」で、アジア全域で人気のソン・ヘギョに対して、先月の台湾の言論たちが、「ソン・ヘギョの随行員たちが無礼だった」と報道したのに相次ぎ、11日に、ベトナムの一新聞が、「ソン・ヘギョが香港で麻薬を購入したし、当時歌手のピとタレントのソン・イルグクが一緒であった」と報道して、物議をもたらしている。

韓流スターたちに対する、悪意的な記事たちが、新聞に載せられた事は、ソン・ヘギョだけではない。去年、日本の大衆紙「女性セブン」も、「韓国美人は作られる」という題目で、「冬のソナタ」のチェ・ジウとパク・ソルミ、そして「スキャンダル」で注目されたイ・ミスクを取り上げて、韓国の整形美人に対して批判した。

「韓流」が、一番先に上陸した中国では、もう何回も、露骨的に、韓国スターたちの整形に対して、批判的に報道したし、最近では、台湾を含めた、アジア全域の言論たちが、韓国スターたちの行動に、注視している。


なぜ「韓流」に対する、悪意的な記事を載せるか??

韓流スターたちに対する、批判的な報道に対して、無条件で、うちのスターたちを、擁護して、該当の国家を非難ばかりする時ではない。「韓流」熱風を引き続くため、私たち自ら、その理由に対して、考えてみることが正しい事だ。

▲イルバングヒャングゾックな??文化の流れに対する反感

現在、地上派放送で、輸入されたアジアのドラマは、台湾の人気グループF4が出演した、「花より男子」を除けば、ほとんど全くないと言える。これに反して、「ヨンサマ」ぺ・ヨンジュンを誕生させた「冬のソナタ」を始じめ、ソン・ヘギョ・ピ主演の「フルハウス」、ソン・スンホン、ソン・ヘギョ主演の「秋の童話」など、数えるにも、多くの韓国ドラマたちが、アジア全域に放送されているし、またチャン・ナラ、チャ・インピョ、チェリムなどのスターたちは、直接、中国ドラマに出演したりした。

特に、AGBニルスンコリア??によれば、5月1日、香港で放送された、MBC ドラマ「大長今」は、視聴者シェア91%、香港人の10人の中で、9人が、視聴した位に、空前のヒットをしたりした。こんなイルバングヒャングゾックな??流れは、ドラマだけでなく、大衆歌謡部分でも、明らかに現われる。アジア各国の他の歌手たちが、国内では知られることさえ大変な状況である中、歌手BoA、ピ、チャン・ナラなどは、アジア各国に進出、大きい呼応を得ている。

文化的な交流ではない、イルバングヒャングゾックな??文化伝達方式で、成り立っている今の「韓流」に対して、アジア各国の視線が、細かいわけがない。韓国でさえ、予測することができなかった「韓流」熱風と、収入なしに、輸出だけなる、韓国に対する反感が、韓流スターたちに対する、意図的な批判につながっているのだ。

▲ 過度な商業性が呼んだ弊害

最近、韓流スターで注目されているリュ・シウォンは、釜山日報とのインタビューで、「韓流スターたちが、事業性だけ強調した行事を続いて用意して、日本現地言論たちの批判を持った」と、「外国スターだから、ファンと会う席をたくさん用意すれば、すぐ人気は上がるが、その效果は、長続きすることはできない」と言った。

彼の巻く中には、商業性にかたよった韓流に対する批判意識と、反省が盛られている。韓流に対する過度な商業的接近は、スター個人に対する誹謗を越して、国家的イメージさえ、損傷させる可能性があることを、念頭に置かなければならない。

▲ 追っかけマンメカニズムに対する国内マネージメント社たちの対応未備

アジア各国に、活性化なっている追っかけマンによって、韓国スターたちの一挙手一投足が、集中的に監視されながら、時々、良しからる事が、現地言論にそのまま露出している。こんな状況を、国内で分からないとか、分かっていると言っても、「悪意的な誹謗に、いちいち対応することができない」と言うふうの安逸な態度が、もっと大きい弊害を呼んできている。

国内マネージメント社たちは、毎度、力強い法的措置を取ると言うが、即刻で、実質的な対応策を提示することができないのに、悪意的な報道が再生産になっているのだ。韓流が、思い出の中に消えないためには、国内企画社たちが、力を合しても、こんな悪意的な記事に対する、実質的な対応策を用意しなければならない。


超国家的な文化現象で走り上げている「韓流」熱風を、批判なしに導いて行こうとすれば、どうすれば良いか??

▲ アジアを一緒にする韓流文化に様変りすると

韓流スターに対する、課長宣伝??や、度が外れた商業性を帯びた韓流文化は、反感のみを呼んでくるだけだ。経済論理で、文化産業規模だけふやすのに、汲汲していては、外国人たちの心を得ることができない。「アンチ韓流」文化が、アジア全地域に拡散し始めれば、悪意的な韓流関連誹謗に対して、手を使って見られなくなる。

先に、持続的な韓流文化を引き続くために、根本的に、私たちの文化と、彼ら文化の間の疎通を、成して出さなければならない。各国のネチズンの言葉に聞き入って、私たちが先に、彼らの文化を理解しようとする努力を傾けなければならない。彼らの文化を一緒にすることができない低質文化商品で人気を呼んだら、それは窮極的に、韓国のイメージを剥いて下ることがそらぞらしい。現地事情を正確に理解して、何より現地に対する愛情を持つのが重要だ。どうして、現地人々が韓流に沸き返えるかに対して、現地人の視覚で察しながら、悪意的な誹謗に対する代案を、用意しなければならないでしょう。

▲ 效率的な対応システム構築しよう

今度、ベトナム新聞の誤報事件に対して、ソン・ヘギョ、ソン・イルグク、ピ側は、「香港に訪問したこともない」と、「力強い法的措置を取る」と抗議した状態だ。こんな悪意的な報道に対して、「いちいち対応するまでもない」と言う態度を見せた国内メジニモントサドル??も、「国際法によって措置を取る」と強腰な態度を見せている。しかし、法的対応を考慮すると、宣言ばかり言うことだけでは、不足だ。

海外言論の不当な報道に対して、即刻、具体的な声を出すことができる単一な窓口を、用意しなければならない。こんな総体的なシステムが構築されない限り、個別マネージメント社の「力強い措置」は使い捨てに止めてしまう。また、誤報事件が発生する場合、各国の大使館と有機的に連結して、初期に押える努力で、韓流文化に及ぶ弊害を、最大限減らさなければならない。

▲ 韓流スターより謙遜になろう

最近ドラマ出演料の全額を、共益財団に寄付したチャ・インピョと、貧困子供助け合い慈善行事と募金活動に先に立ったチャン・ナラに対して、中国言論が絶賛を送った事がある。このような事例は、私たちのスターたちが、各国に招聘されて、海外に出た時、どんなに行動しなければならないかに対して示唆するところが大きい。各国に招聘されて、最高の待遇を受ける場合が多い韓国のスターたちが、鼻が高いとか、不真面目な態度を見せるようになる場合、一人のスターを越して、「韓流」全体に対する非難の矢になって帰って来るということを、憶えなければならない。韓流スターで、海外を訪問するスターたちは勿論、その随行員たちまで、自分たちが韓国を代表する顔なのを、忘れてはいけない。

ゴングドン塔??も、崩れようとすると瞬く間だ。韓流スターたちに対する、アジア各国の正当な叱責は、謙虚に収容することができる態度に、変化する姿を見せてくれなければ、ならないでしょう。

※最後になるほど、翻訳が雑になります。ごめんなさい。
  

2    0

《参考》ヘギョの麻薬購入騒動!!ヘギョの対応は…
2005/08/13 (Sat)
Category : ヘギョの麻薬購入誤報報道(ベトナム・台湾)

昨日(12日)、連合ニュースとSTAR NEWSの報道のニュースをお伝えしました。
本日(13日)も、ヘギョの麻薬騒動について、報じる新聞社がありましたので、お知らせします。

13日 YTN STARの報道
ベトナム日刊紙 ソン・ヘギョ でたらめ報道で物議

13日 STAR NEWSの報道 
ソン・ヘギョ「ベトナム言論「麻薬誤報」、法的強力対応」

13日 joynews24の報道
ソン・ヘギョ側、ベトナム言論に法的な対応検討中

※韓国語が分からない方は、自動翻訳機をお使い下さい!!

NEVER 韓国サイト翻訳

infoseekマルチ翻訳

Yahoo!翻訳

  

0    0


 |  BLOG TOP  |  NEXT»»




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。